特商法を違反しないよう責任を持つ必要性

どのような場合に特商法が関係するのか

特商法は消費者庁が購入者と売却者がトラブルを起こさないように定めたルールになり、電子商取引をするためには必要不可欠です。
電子商取引は通販サイトやネットショップ、フリマアプリ、オークションサイトなどがあり、インターネットで取引を行うためわざわざ店に行く必要がなく時間を有意義に使えます。特商法は安心して取引を行うためのガイドラインで、相手の信用を失う行為を禁止していることが特徴です。

商取引はインターネットを使う方法だけでなく訪問販売などもあり、特商法が関係するためきちんと理解する必要があります。
電子商取引は国内だけでなく海外の業者もあり、商品を安く仕入れるために役立ちますが不正行為も多いです。
特商法はこのような不正行為を防ぐために設定されているため、副業でせどりや転売ビジネス、ネットショップをする前に確認するとトラブルを防げます。

信用が第一だと認識しよう

せどりや転売ビジネス、ネットショップはインターネットで取引を行いますが、信用を失うと意味がないため責任を持って計画を立てる必要があります。
特商法は信用を維持するためには必要不可欠なルールになり、禁止されている行為は避けることが大事です。電子商取引は相手の顔が見えないため対面販売と違うため抵抗がある消費者も多く、特商法を設けることで安心して利用しやすくしています。

しかし、特商法を守らずに誇大広告を出したり虚偽の情報を伝えると信用を失うことだけでなく、悪い口コミや評判が流されて利用者を減らしてしまうことになり、注意が必要です。せどりや転売ビジネスはスマホでもできてスキマ時間に稼げますが、そのためには信用を失わないよう責任を持って取引を行わないと意味がなくなります。

どのようなことが禁止されているのか

特商法は安心して利用しやすくするためにガイドラインとして定められ、相手に不利益を与えるような行為を禁止しています。
相手に不利益を与える行為は誇大広告や住所や氏名、連絡先を偽ること、虚偽の情報を伝えることがあり、すれば信用を失うためせどりや転売ビジネスにおいては売上を見込めなくなりリスクが高いです。

電子商取引は信用取引だと考えないと失敗することになり、特商法で定められている内容をきちんと理解する必要があります。

最近では口コミサイトなども多く悪評が流されるとチャンスロスにつながり、買い手が現れなくなるため注意が必要です。
逆に、特商法の内容に沿って取引をするとこのようなリスクを避け、リピーターを増やせて安心して稼げるようになります。

SNSでもご購読できます。